ペットサプリメントで健康をケアする事は当たり前

当たり前の時代に

栄養素が足らない場合など人間はペットサプリメントで補います。 動物も同様に、必要な栄養素を補えるように各種類専用の種類があります。 このタイプと人間用とにはさほど大きな違いはありませんが、おおよそ犬や猫が消化や分解ができない成分を除いたものが専用タイプとして販売されています。 このほか、「カラダに優しい成分で」というコンセプトの元、ハーブなどの自然食材などを用いた、ナチュラル系のものなども人気のようです。 消化吸収を助ける整腸剤的なものや消化酵素、老化による関節対策にはコンドロイチンなど、そのラインナップや品質は、人間用もしくはそれを上回る高品質なものまで出ています。 市販されているドッグ用やキャット用には、もちろん必要な栄養素は含まれています。 インターネットなどで扱われる、プレミアムフードやウルトラプレミアム素材というものは、より栄養面や材料の安全性を考えて作られたものが多いです。 加工の工程で熱にさらされ、残される栄養素は殆ど消失してしまうとも言われています。 商品の栄養やバランスがよくなった分、我が子達が長寿になることで、先にランキングで挙げたような「老化対策」を考えて、適切なケアに取りれる飼い主も増えています。

売れ筋の新商品がペットサプリメントは次々と登場

選択肢や種類の増加

日本ではペットサプリメントは薬ではなく補助食に過ぎませんので、人間の物と同じく、飲み続けることで現れる効果の程は、やはり個人差もあります。 しかしながら、健康を維持する目的だけでなく、病気になったカラダをサポートするという意味でも、需要が増えています。 とは言え、専門のショップで気軽に売れ筋の安価で購入できるものは、原材料に少々違和感を覚える物が含まれている事が稀にありますし、効果もそれほど期待は出来ません。 もしペットサプリメントの活用を考えているのであれば、プレミアムフードなどを作っている会社のものがおすすめです。 原材料の内容や品質など、猫や犬に対してきちんと知識のある会社が専門で作っている物ですの、ほぼ間違いはないでしょう。 また、健康な状態であっても、腸内環境を整える作用のあるものは、通常のご飯に混ぜ込むなどして、是非利用したいものです。 腸の環境がカラダを作るといっても過言ではないくらい、腸内環境を整えることで、病気予防にも繋がります。 腸内には善玉菌・悪玉菌のほか、どちらか優勢な方に傾く日和見菌(ひよりみきん)という3つの菌がランキングでも存在します。

ネット通販ランキングで上位のペットサプリメント

定番アイテム

善玉菌が優勢であれば、便の調子も良好で、カラダの免疫力も高く、ペットサプリメントによって病気に強いカラダになります。 しかし悪玉菌が優勢だと、軟便や下痢便が続いたり、口臭がひどく、口内環境も悪化して、カラダは悪い方向へと進んでいきます。 そこで利用したいのが、乳酸菌や乳酸菌由来の成分です。 人間でも毎日ヨーグルトを食べて腸内環境を整えようといった事が言われていますが、動物にも同じことが言えるのです。 ただし、動物の場合は胃酸などが人間よりも強いため、人間用に開発された乳酸菌は生き残ることができず、腸の中で活躍することが出来ないと言われています。 人には人の乳酸菌があるように、猫には猫の、犬には犬の乳酸菌が売れ筋ペットサプリメントにもあります。 鳥やウサギ用のものまである位です。 とは言え、そこまで厳密に分けることは無いでしょう。 犬・猫なら同じ動物用乳酸菌で十分効果は感じられるかと思います。 腸まで届いた乳酸菌が、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。 特に子猫は下痢や軟便の多い子が多く、成猫は内臓疾患など抱えている子に便秘症などが見られます。 このような子たちにも、乳酸菌は優しく働き、少しずつ改善が見られるでしょう。 ペットサプリメントやフードには、もともと必要な栄養素が含まれているといいましたが、ランキングだけではなくひとつ注意が必要です。

日本と海外のペットサプリメントの違い

犬や猫の健康

主にスーパーやホームセンターで購入できる、ペットサプリメントや大変安価な売れ筋フードです。 フードにはAAFCO(全米飼料検査官協会)の分析試験による栄養基準に合格した「総合栄養食」と、そうでない「一般食」があります。 総合栄養食は栄養面などきちんと管理されて作られた素材で、究極、これだけ食べていても大丈夫といった食事です。 大変安価な材料は、この基準を満たしておらず、嗜好性を優先にした食事となっています。 ですので、一般食ばかりを口にしていると、栄養面でバランスの崩れが起きたり、体調にも影響が出てきますので注意しましょう。 これらをペットサプリメントで補うのも難しいかと思われます。 あくまでも、きちんとした食事を食べていると言う事を前提として、補助食品として利用しましょう。 このほか、固体の特徴に合わせて、各サプリを取り入れてみても良いでしょう。 大型犬は足腰への負担が、他の犬に比べてかかります。 シニア世代になってから、犬用のグルコサミンやコンドロイチンといったものを利用するのもよいです。 ランキングでもペットサプリメントはアダルト中期くらいから、予防として毎日の食事にプラスしては如何でしょうか。

人間が使用するよりも高価なペットサプリメントも

飼い主にできること

動物の関節も人間と同じで、ペットサプリメントで捕捉しなければ使う分だけ関節のクッションも磨り減り、骨同士がぶつかって痛みを伴います。 特に大型犬は、細い足で大きな体を支えなければならないので、消耗も早く、痛みで歩けなくなる時期が早くやって来ます。 症状が現れてからでも十分ではありますが、できれば予防という意味で、少し早めに取り入れてあげると、尚良いでしょう。 また、雄猫に多い泌尿器系の病気には、クランベリーが有効と言われています。 この成分が配合されたフードもありますが、猫は好き嫌いが激しいので、ペットサプリメントを好みの食品に振りかけるといった形で利用するのも良いかもしれません。 動物にそこまでしなくてもと考える人も沢山いらっしゃいますが、何かしてあげたいと考える飼い主も確実に増えています。 近年はインターネットで様々な情報を入手することができますし、その量も膨大なものです。 健康面や病気のことで深く考えるあまり、あれもこれもと手を出してしまい、逆に効果が半減されてしまったり、カラダにとって逆効果になってしまっては意味が有りません。 あくまでも補助的なものということを念頭において、自分の家の子のために、何が必要かをしっかりと見極めて利用すると良いでしょう。 また薬ではないので即効性もありません。 特にペットサプリメントを病気のサポートとして利用する場合は、効き目が見えないから次はコレ、次はコレと、どんどん変えていくのも良く有りません。 病院から出される薬との飲み合わせもありますので、ランキングや売れ筋だけではなく先ずは獣医に相談して利用するようにしましょう。

このページの先頭へ